プレイバックシアターの生い立ち

プレイバックシアターは、1975年、
アメリカでジョナサン フォックスによって始められました。
Home / プレイバックシアターの生い立ち

 プレイバックシアターは、1975年、アメリカでジョナサン フォックスによって始められました。ジョナサンが 「観客の個人的体験を即興劇として再現する」という形式を思いつく迄には、 下記のような背景があります。 ジョナサンは、子供の頃から演劇に興味を持っていました。 ニューヨークのマンハッタン近くで育った彼は、 古典演劇からから前衛的な芸術にまで親しんできましたが、 その頃の演劇界に横行していた名声の競い合い、芸術家特有の自己陶酔などには、 馴染みませんでした。

 彼が惹かれたのは人類早期の口述伝承や古代叙事詩、吟遊詩などでした。そして、それがより明確になったのが、海外青年協力隊の一員として ネパールでボランティア活動をしていた時のことでした。ネパールの原始共同体である村では、人々の生活に不可欠な行事として、物語の語りや様々な儀式が行なわれ、それらが村人の心の支え、癒しとなっていました。演劇の原点ともいえるこれらの行事を現代に蘇らせるヒントとして、ネパールでの生活は、その後のプレイバックシアター誕生に深く影響を与えました。
 1974年当時、執筆活動をしながら大学の非常勤講師であったジョナサンに 友人がある企画を頼みました。それは子供達のために親のグループが 劇を演じるという内容でした。この親による演劇は、大成功で子供むけの舞台の企画が終わった後も、このグループは、演劇活動を続け、教会や知的障害者の施設などで公演をしました。

 以上のような背景の後、あるレストランで、ホットチョコレートを飲んでいた時に、ひらめいたのが、観客からの実話をその場ですぐ即興劇として演じる、というアイデアだったのです。そして、このアイデアをしっかりと確立するために、ジョナサンは、ビーコンに移り住み、モレノ研究所でサイコドラマのトレーニングを 受けました。舞台で語られるストーリィは、繊細で微妙な言い回しを含んだものであることもあり、また深刻で悲惨な体験ということもあります。何が語られたとしても、自信を持って直面し、安全で居心地の良い公演を提供するには、治療者としての素養も必要とされると考えました。
 サイコドラマティストとして生計をたてる一方で、プレイバックシアターの 劇団を結成し活動を始めました。1977年にビーコンからプケプシーへの場を移し「第一金曜日」という定期公演をうつようになりました。また、さまざまな場へ出張もしました。ベッドを離れることができない子供達が 入院している病棟、お祭りのイベント、講演会、会議、刑務所、老人ホーム、少年院、障害者施設、と活動の場は拡がりました。

 1979年には、メンバーの4人と共に、オーストラリア、ニュージーランドへの 遠征しました。ここでも大きな反響を呼び、この後、 いくつかのプレイバックシアターの劇団がこれらの国で生まれました。 今では、世界28カ国、50近くの都市でプレイバックシアターは愛されています。 世界各国の人々の情報交換や相互啓発のために IPTN (International Playback Theatre Network) が発足しました。

 また,ジョナサンは、1993年、リーダーになるために最低限必要な知識やスキルを体系だてて教えるための学校(スクールオブプレイバックシアター)をニューヨークに開校しました。さらに、98年11月には、新たに日本校も開校の運びとなりました。

 IPTNでは、隔年に世界大会を催し、さまざまな地域から多くの仲間が参加し、お互いの特徴や手法を共有したり、いっしょに楽しんだりしています。1997年1月には,オーストラリアのパースで大会があり、日本からもプレイバッカーズからの15名を含む18名が参加しました。