静岡新聞/2016.7.3

いじめ体験 即興劇に
新通小で劇団員が防止教室

 静岡市葵区の市立新通小は6月30日と7月1日の2日間、児童の体験談を劇団員が 即興劇で表現する「プレイバックシアター」と呼ばれる手法によるいじめ防止教室を 開いた。
(中略)
 話ながら涙を流す児童もいて、子どもたちは真剣な様子で劇を見つめた。 児童らは劇にも参加し、友だちを助ける役を演じた。
(中略)
 代表の宗像佳代さんは「傍観者が声を上げれば、変わっていくはず」と話した

(静岡新聞 2016年7月3日 紙面から)