福島民報/2011.2.1

劇団招き「介護」を理解

いわきの研究会が公開講座

 いわき食介護研究会(皆川夏樹代表)の新年講習会は1月30日、いわき市平のアリオスで開かれた。研究会は医療、福祉、保健各分野の関係者らの手で結成され十三年目。介護が必要な人たちの食事環境の改善、介護予防などを目的に毎月、嚥下(えんげ)や口腔(こうくう)衛生などに関する研修を続けている。
 新年講習会は例年、市民への公開講座として開いており、約四十人が参加した。福島民報社などの後援。

 横浜市の劇団プレイバッカーズが招かれた。「介護に疲れたあなたへ」のテーマで、来場者の介護体験談などを基にした即興劇「プレイバックシアター」が繰り広げられた。
(福島民報2011年2月1日紙面から)