シティ・ジャーナル 2008年12.1

プレイバックシアターによる即興劇
「観て・感じて・考える わたしのキャリア」
名古屋市 金城学院大学にて

前号では、子育て中の母親たちに子育て支援の取り組みの一環として、「プレイバックシアター」が有効であることを踏まえてご紹介した。
今号では現場からの報告のための取材として、プレイバックシアターの創始者でもあるジョナサン・フォックス氏が、舞台上で直接コンダクターを務めるという名古屋の劇場へ向かった。
会場となったのは、名古屋の金城学院大学。そこで上演される即興劇に、記者である私も一人の観客として参加。自らが体験したその醍醐味を報告することにした。
(以下略)