琉球新報 2008年11.19

観客の恐怖、喜び再現 演劇集団プレイバッカーズ

「介護」をテーマにした男女共同参画フォーラムが31日、彦根市のひこね市文化プラザで開かれ、寸劇や即興劇を150人の市民が観賞した。
(中略)
劇団プレイバッカーズ(横浜市)の即興劇があり、参加者から聞き取った介護に関するエピソードを3人の役者が再現。 遠くに住む年老いた母と娘のやりとりに参加者の中には自分を重ねてうなづく人もいた。(以下略)

(中日新聞2010年2月1日紙面から)