京都新聞/2003.10.5

父親の役割考えよう舞鶴
 フォーラムに400人参加


「父親を考えるフォーラム」(府教委主催)が4日、舞鶴市南田辺の府立舞鶴勤労者福祉会館で開催され、約400人が集まった。「家庭、学校、地域社会で連携し、家庭での父親の役割と子育ての重要性を理解してもらおう」と98年から始まり、今年で6回目。
 この日は、児童養護施設「舞鶴学園」の桑原教修園長が「舞鶴学園がめざす家族」と題し発表。「子供たちとの信頼感がなければ、子供たちの自己肯定感は生まれない。などと話した。中筋サウンドハーモニーの田中政次さんの発表や、参加者の体験をもとに役者が即興劇を行うプレイバックシアター方式の講演も行われた。参加者等はメモを取るなど、熱心に耳を傾けていた。
(千葉修平)