自主公演

年に2回だけの公演
Home / 自主公演

自主公演Vol.31

日時 2017年4月16日(日) 開場14:00
(開演 14:30 終了予定16:00)
・終演後、お茶とお菓子をご用意し、簡単な懇親会を開催します。
テーマ
会場 ウィリング横浜(上大岡) 11階多目的室
〒233-0002 横浜市港南区上大岡西1-6−1
TEL:045-847-6666
【交通アクセス】
・京浜急行線/横浜市営地下鉄:上大岡駅下車 徒歩3分
出演
劇団プレイバッカーズ
コンダクター
高橋江利子
アクター
秋山耕太郎 猪瀬隆次 長船博子 捧箸一男 佐藤久美子 丹下一 宗像佳代
ミュージシャン
小森亜紀
定員 40人
定員になり次第、締切となります。お早目にお申し込みください。
チケット 前売り 2,500円 当日 3,000円
早割り 2,000円 
※早割りは、2017年3月31日(金)までにお求めください
※前売り券が完売のときは、当日券をご用意できない場合がございます。
※親子席エリアは、ございません。
振込先 りそな銀行上大岡支店 
(普)1200592 プレイバッカーズ
キャンセル
規定
お客様のご都合によるご予約成立後のキャンセル・変更はできません。
公演休止の場合は、劇団プレイバッカーズが指定する方法でチケット代金の払い戻しをいたします。

前回のアンケート

vol.30より
桜が応援してくれている・・・。自分の受験生のころを思い出した。いろんなものを包みこんでいるのだなぁと。何気ない風景も、実は多彩なストーリーがあることを改めて知った。
話を聞いているときには、どこにでもあるようにも聞こえる話なのに、目の前で演じられるものは、その話との相似形でありながら、劇として見応えのある心を打つ物語になっているという、稀有な体験だった。
緊張して手は挙げられなかったが、話を聞き、アクターの方々の動きをみることで、その瞬間には一緒にいなかったけれど、まるで一緒に過ごしていたかのような時間だった。不思議な感じがした。桜の時期はこれからなので、また桜をみたときに、今日のことを思い出し楽しみたいと思った。
自分自身の人生のひとコマを、全く他人の方々に即興で演じてもらうことが、こんな不思議で気持ちの良いものだとは、これまで知らなかった。自分の人生を振り返る良い経験ができた。また、他の方々の人生、生活を疑似体験できる素晴らしい手法だと感じた。
初めてだったが、とても良かった。何か大切なものが含まれているように感じた。人が感情を表現するのをみるのは、何か健全なものという気もする。
桜ひとつでいろいろなストーリーがあるのにびっくりした。楽しかったり、辛かったり、苦しかったり。これからは桜を見て思い出すだろうなと、ちょっと楽しみだ。
最初はなかなかストーリーを語ることができなくても、だんだんと話したいと思う人が増えてくるという、なんとも不思議な時間は、やっぱりすばらしいと思った。一人ひとりのストーリーを最後は、みんなが大切にしているというのも良い時間だと思った。
即興演劇の頭の回転の速さに驚いた。伝えるべきところを、言葉と役者同士の息の合った絡み合いで表現するのに感動した。とてもわかりやすく心に響く公演だった。
子どもたちより
こんかいはじめてきました。すごくたのしかったです。またきたいです。こんどきたときはテラーになりたいです。大きくなったらプレイバッカーズに入りたいです。(8歳)
さくらのいめーじがよくつたわりました。ずっとわすれません。おもいでです。(6歳)
とてもたのしくて「またきたいな」とおもいました。つぎはどんなテーマかな。(7歳)



過去の写真集はこちらから(☆)